ダイニングの◎✖口コミ

イマイチ✖(+o+)                                                           ダイニングの照明の場所で大失敗。頭を何度もぶつける羽目に。

ダイニングスペースのど真ん中に照明口を作ってもらったのですが、実際に住み始めてから、家具やダイニングセットを置くと、照明が私の頭上に・・・。座るときにいちいち頭にぶつかるので腹が立ちます。。。さらにパパの席は照明が暗くて影が・・・。照明も私たちにしたら高かったのに、買い直さなきゃならないなんて・・・。

 

 

 

⇒(ё0ё)σ ダイニングテーブルの配置はプランニングの時に確認しなかったのかしら? 

 

(◕◊.◕)っ  照明が頭の上じゃごはんもおいしくたべれないのう。明かりがしっかり真上から来ないと、影もできて、せっかくの料理も台無しじゃ。ちなみに「ダクトレール」ペンダントサポーター」で、簡単に照明の位置を変えることができるぞよ。

とはいえ、ダイニングテーブルは買うのか持ってくるのか、新居に置いたとして本当にここでいいのか、建てる方はいっぱいいっぱいなんじゃから、プランニングの人や大工さんがしっかり聞いてくれないとのう。
その点、Sorid Home 竹中組は「暮らしの提案」。ダイニングテーブルや家具まで一緒に作ることが多いから、そんな失敗談はあまり聞かんがの。

イマイチ✖(+o+)    ムクの床材にしたら、スキマのお掃除がたいへん。。。

 

 

 傷がついても目立たないように合板ではなく、床をすべてムク材にしました。 確かに普通のフローリングより暖かくて良いんですが、隙間につまったゴミのお掃除が大変で。特にダイニングやキッチン。掃除機でもなかなか取れません。。。

 

 

⇒(ё.ё)σ ?無垢のフローリングって確かに季節によって縮んだりするから隙間が空くわよね。何か良いお掃除方法ってないのかしら?

 

(◕◊.◕)っ  確かに木と木の間に挟まったゴミなどは掃除しにくいのう。一番良いのは、気になったら爪楊枝(つまようじ)で隙間の掃除をすることじゃな。わしの友達の家なんかは、まだ小さな子供が兄妹そろって「キャッキャ♪」言いながら、爪楊枝でゴミを掻き出しては、ママが掃除機で吸って遊びながらみんなで掃除しとったがのぅ。まさに「爪幼児」じゃな。